純米吟醸酒

醸造用アルコールを添加せず、吟醸造りをした日本酒が純米吟醸酒となります。純米大吟醸酒と純米吟醸酒の違いは、精米歩合です。

純米大吟醸酒を名乗るには精米歩合50%以下でなくてはなりませんが、純米吟醸酒は精米歩合60%以下であれば良いのです。精米歩合とは、玄米を磨いた割合を%で示したものなので、精米歩合が60%だと、玄米を外側から40%削り60%のお米を残したという事です。
ただ、精米歩合が低いからといって純米吟醸酒が純米大吟醸酒と比べて劣っているわけではありません。純米大吟醸酒は、より華やかな吟醸香を楽しめる銘柄が多い日本酒ですが純米吟醸酒は、芳醇な味わいと華やかな香りのコントラストが魅力と言えます。

純米大吟醸が総じて綺麗なお酒が多いのに比べて純米吟醸酒はバラエティーのある造りが楽しめます。もちろん銘柄によって違いますが、純米大吟醸酒のように精米歩合を高くして綺麗さを追求したものも、逆に精米歩合は60%きっちりで米由来の旨みを強調したものなど品選びの楽しみはさらに増していきます。
美味しい温度帯も前者のような場合は7度位、後者のような場合は比較的高い温度で10度から15度、いわゆる冷(常温)に向くような酒質のものもあります。火入れ処理をしていない生の場合はやはり冷温で楽しむ方が良いでしょう。

絞り込み:

出品状況
0個が選択されました リセット
価格
最高価格は¥3,300です リセット
¥
¥

5個の商品

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

5個の商品

出品状況
価格

最高価格は¥3,300です

¥
¥

5個の商品

その他お酒を見る

  • 生酒と火入れ酒

    それぞれのお酒の特徴と「火入れ」をする理由をわかりやすくまとめています

    詳しくはコチラ

  • 生貯蔵酒

    生のまま冷蔵で貯蔵していたお酒を出荷前に一度火入れをしたものが「生貯蔵(なまちょぞうしゅ)」です

    詳しくはコチラ