純米酒

米、米こうじ、水を原料にして製造した日本酒です。醸造アルコールを添加していない為、旨味やコク、ふくよかさなどの特徴の強く出た、味が濃醇なタイプのお酒が多く見られます。しかし最近では酒造技術の進歩により、同じ純米酒でもコクのあるタイプから軽快ですっきりしたソフトなタイプまで、さまざまな酒質の純米酒が市場に出てきています。

純米酒には以前、「精米歩合70%以下」(玄米の表層を重量にして全体の30%以上削り取る)という製法の要件がありましたが、2004年1月1日から精米歩合に関わらず、米とこうじ米だけを原料にした清酒であれば、特定名称の「純米酒」が表示できることになりました。
これによってさらにタイプの違う純米酒が次々と生まれています。余談ですが、似て非なるものに「米だけの酒」というのがあります。よく見ると「純米酒の規格に該当しません」と商品名の横に小さな文字で注意書きがされているものがあります。これは純米酒の次の3つの要件を満たしていないからで
(1)使用原料はコメと米こうじ(白米にこうじ菌を繁殖させたもの)のみ
(2)こうじ米(米こうじ用のコメ)の使用割合が15%以上
(3)農産物検査法で3等以上に格付けされたコメを使っている
のいずれかまたは全てをしていないということを示しています。

0個の商品

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

0個の商品

0個の商品

商品が見つかりません
絞り込みの数を減らす、またはすべてクリア

その他お酒を見る

  • 生酒と火入れ酒

    それぞれのお酒の特徴と「火入れ」をする理由をわかりやすくまとめています

    詳しくはコチラ

  • 生貯蔵酒

    生のまま冷蔵で貯蔵していたお酒を出荷前に一度火入れをしたものが「生貯蔵(なまちょぞうしゅ)」です

    詳しくはコチラ